エイルマンションより、耳寄りなエリア情報をお届けします。

エイル佐世保クラブ会員募集

「エイル佐世保クラブ」会員登録受付中。ご登録いただきました会員様には
佐世保エリアで予定しておりますエイルマンションシリーズの物件情報を
いち早くお知らせいたします。この機会に是非ご入会ください。

佐世保市は、長崎県北部に位置し、西海国立公園「九十九島」に代表される、豊かな自然に恵まれた街です。
かつて旧海軍の軍港として栄えた歴史をもち、現在は米海軍基地を有する、国際色豊かな港街でもあります。
中でも佐世保中央エリアは佐世保市街地の中核的な存在である四ヶ町アーケードのすぐ側にあり、買い物客等で賑わうエリアです。
ショッピングもレジャーも楽しめる佐世保中央の魅力を周辺エリアを含めて探ります。

ハウステンボス

長崎市に次ぐ人口長崎県北部の中心都市。

佐世保市は長崎県北部の中心都市であり、長崎県では長崎市に次いで2番目、九州では9番目に多い人口を擁し、中核市及び保健所政令市の指定を受けています。
江戸時代以降は農漁村でしたが、明治時代以降は造船および軍港の町として発展しました。現在は海上自衛隊佐世保基地及び在日米海軍佐世保基地が所在しており、海上防衛の重要な拠点となっています。 また、西海国立公園に指定されている九十九島や日本最大級のテーマパークであるハウステンボスに代表される観光都市でもあります。市制施行当時の市域は旧東彼杵郡佐世保村のみで、その後の合併により旧東彼杵郡の一部、旧北松浦郡の一部地域も市域に含まれました。長崎市とは距離が離れているため、経済圏は異なります。

松浦鉄道

日本一距離の長い元気な商店街

佐世保中央駅は、長崎県佐世保市島瀬町にある、松浦鉄道西九州線の駅です。 佐世保市街地の中核的な存在である全長約1kmの「さるくシティ4〇3アーケード」のすぐ側にあり、買い物客等が多く利用しています。 アーケードは約160店舗が並ぶ活気ある商店街で、すぐそばには精肉店や鮮魚店など昔ながらの店が並ぶ戸尾市場や、防空壕跡を利用した市場「とんねる横丁」など、佐世保の食文化と人情が感じられる買い物スポットもあります。
付近の行事としては市内の中心を流れる佐世保川では、万灯籠流しが行われます。佐世保川に浮かぶ万灯籠の明かりが川面に映えて、精霊流しとは違った趣があります。
11月には佐世保の秋の例祭として八幡町の亀山八幡宮で佐世保くんち(させぼくんち)が行われます。

佐世保駅

JR最西端の佐世保駅港湾エリアでショッピング

佐世保駅は長崎県佐世保市三浦町にある、九州旅客鉄道(JR九州)・松浦鉄道の駅です。JR最西端の駅であり、佐世保観光情報センターも駅構内にあります。 付近には2013年に開業した「させぼ五番街(83店舗が出店する海に面したショッピングモール。)」や 鯨瀬ターミナルビル(有川・小値賀・宇久平行きの上五島航路の旅客ターミナル)などがあり、たくさんの観光客で賑わってます。
最近では佐世保が「坂道のアポロン」という漫画・映画の舞台として描かれ、そのロケ地として数多くの施設で撮影が行われました。三浦町教会は主人公が通う教会のモデルになっています。

九十九島

レジャースポット九十九島パールシーリゾート

九十九島は、佐世保湾の外側から北へ平戸までの約25kmの海域に点在する海域のことで、 複雑に入り組んだリアス海岸と島々が織りなす美しい自然景観が広がっています。 ほぼ全域が「西海国立公園」に指定されており、島の密度は日本一といわれています。 九十九(くじゅうく)とは数がたくさんあるという意味で使われる例え言葉で、実際の島の数は208あります。

九十九島パールシーリゾート として九十九島遊覧船、九十九島水族館 海きらら、九十九島動植物園 森きららなど、国立公園の自然を満喫できる施設があります。

 
エイル佐世保クラブ会員募集

「エイル佐世保クラブ」会員登録受付中。ご登録いただきました会員様には
佐世保エリアで予定しておりますエイルマンションシリーズの物件情報を
いち早くお知らせいたします。この機会に是非ご入会ください。